2次審査は都内のオーディション会場の場合の交通手段

先日応募したweb一次審査の結果が来ました。
結果は合格をいただきました。

正直何が良くて合格したかわかりませんが、2次審査に進むことになりました。
2次審査は都内のオーディション会場にいくことになります。

私は埼玉県に住んでいますが、そこまで遠いわけではないのでなんとかなりますが、
地方から出てくる方もいるので、そういう方は大変ですね。

地方から出てくる場合はどうするんでしょうか?
やはり泊まりで会場入りするんでしょうか。

地方からオーディションを受ける場合の交通手段

まず関東圏なら電車やバスでの移動が安いですよね。
開始の時間に間に合わないケースも考えると、電車が確実だと思います。

群馬県や長野県、静岡県など微妙な距離の方は高速バスって手もありますね。
ただ、高速バスは安い代わりに渋滞に巻き込まれることもありえます。

オーディションの日程によっては土日の場合がありますので、
その際は確実に渋滞すると考えた方がいいです。

過去に何度かスノボーなどで使ったことはありますが渋滞しました。
しかも、距離によっては非常に疲れます。

遠方の方の場合は飛行機か!?

全国各地から応募している方がいるような大きいオーディションであれば、
都内へ出てくるのは結構厳しいでしょうから、飛行機が便利でしょうね。
ただ、めちゃくちゃ高いですよね・・・・。
LCCが出て来たとはいえ、取れない場合もありますね。

飛行機以外の交通手段は新幹線か高速バスですね。
新幹線は飛行機ほどではないですが結構な金額がするので、
私のようなフリーターや学生なんかは正直厳しいですよね。
そういう場合は夜行バスを利用すると安いです。
新幹線の半分の値段で上京できると思います。

夜行バスはメリットも多いがデメリットも大きい

夜行バスは安い代わりに色々とデメリットがあります。
自分なりに4点まとめてみました。

  1. 夜から出発なので夜外出が許されること
  2. 狭いので疲れがとれずパフォーマンスが落ちる
  3. 朝早くに到着する為、店が開いていない
  4. 女性はあまり安心して乗れない

1、バスの出発が夜から深夜にかけてなので、未成年は正直厳しい。
親御さんにもよると思いますが、心配で却下されてしまう場合があります。
繁華街から出るので、下手したら補導されるケースがあります。
保護者の方にはバス停まで一緒に来てもらうのがいいでしょう。

2、バスの椅子が小さく狭いので疲れが取れない
リクライニング全部倒していても。やっぱり狭い場所ですので横になるのと違って
どうしても体が厳しいです。最近は広めに設計されているバスもありますが、
やはり長時間の移動は非常に疲れます。
それが原因でオーディションに最高のパフォーマンスで挑めない場合もあります。

3、深夜出発で早朝に到着がほとんどでゆっくりできる店がない。
朝6時くらいに到着してしまうと、正直見ず知らずの土地で早朝からゆっくりできる場所を
探すのは結構大変です。
最近は24時間やっている店もあるのでそこまで厳しくはないですが、
場所がわからないとたどり着くまでに時間がかかり歩き疲れてしまう場合もあります。
事前に会場周辺で朝からやっているところをピックアップしておくといいでしょう。

4、女性の深夜のひとり旅は危険!?
男女入り乱れて乗車しないといけない高速バスは結構危険です。
長時間横に知らない男性がいる状況で寝るのは怖いですよね。
一応バス会社の方で女性は女性で組んでくれているところもありますが、
万が一そういう場合があって、たまたま隣の人が痴漢だったらしゃれにならないです。
そういう危険が心配な人は、事前にしっかりバス会社を調べて、
最近は女性専用のバスも出ているみたいなので、そちらを利用しましょう。

未成年の若い方は、なんとか親御さんを説得して一緒に付いて来てもらえるようにすると安心ですね。
おそらくオーディションの注意事項にも記載されているので親御さんに黙って応募している人は
少ないとは思いますが、安心してオーディションに臨めるようにしましょう。

交通手段としてはこんな感じでしたが、事前に調べてしっかり計画しましょう!

と言ってる場合ではない。。。
その前に2次審査の課題曲を練習しなければと思う今日この頃です。
みなさん一緒に頑張っていきましょう!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です